スポンサーサイト

0
    • 2017.02.10 Friday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    シャンプー アミノ酸

    0
       絶対と言うことはないでしょうが、
      それでも、いま育毛シャンプーを選ぶとしたら、
      やはりアミノ酸のシャンプーが一番かもしれませんね。

      頭皮にやさしいというのは間違いないですから。
      使ったその日にかゆみがなくなりました、わたしの場合。

      個人差はあるかもしれませんが、逆に、効果がなかったという人の話を聞いてみたいくらいです。

      現状で、シャンプーを選べば、アミノ酸シャンプーに行き着くとして、
      問題は、やはり、誰でも思うことですが、お値段ですね(笑)。

      ただ、値段に関してはしっかり考えておくべきで、
      しっかりした分量のアミノ酸成分を含んだシャンプーは、
      現状では製造にそれなりのコストがかかります。
      だから、ある程度高いのは仕方のないことなのです。
      安いアミノ酸シャンプーがあったら、それは、アミノ酸成分が入っていることは事実だとしても、その分量や質に問題がある可能性が高いです。

      いずれにしても、シャンプー アミノ酸は大事に使いましょうね。


      シャンプーと界面活性剤

      0
        よく知られているように、界面活性剤には洗浄作用、発泡作用、保湿作用があるので、シャンプーの成分として広く使われています。ただ、界面活性剤は、皮膚バリアを通り抜けて体内に浸透する可能性があり、そのため皮膚(頭皮)にダメージを与えてしまう可能性があるということで、あまり良いイメージを持っていない人も多いです。

        つまり、界面活性剤とは、水や油などのように、表面張力が違って混ざり合わない物質を混ぜ合わせた状態にするものを指します。しかし、比較的値段の高いアミノ酸系のシャンプーの場合なら、仮に体内に浸透したとしてもダメージの少ないアミノ酸由来の成分が使われています。

        だいたいシャンプーにこだわりを持ち始めると、必ず出てくるキーワードが界面活性剤という言葉です。したがって、安価なシャンプーに比べて地肌に与える刺激が少ないため、敏感肌の人や、抜け毛対策がしたい人には、アミノ酸シャンプーが適していると考えられています。

        実際のところ、合成シャンプーなどに使われている界面活性剤は、比較的安価な石油系の界面活性剤が使われているので、あまり身体には良くないかもしれません。